出産内祝い簡単に説明します

出産内祝いって本当は子供が生まれた喜びをこめて配るものだったんですよ。
でも現在は違うので注意してください、今は出産祝いを貰った人にお返しをするのが出産内祝いに認識されています。
送る時期は大体お宮参りの頃の前にしておきましょう、生後1ヶ月前当たりです。
ただその後に出産祝いを貰ったらその度に出産内祝いを上げる形になっても大丈夫になっています。
送り方にもマナーがあります、出産内祝いは紅白の蝶結びののしを使用します、水引の上に内祝とかき下に子供の名前を書きます。
基本はこれだけで風習や新しいものとして色々な付け加えられています。
最近はカジュアルなものまで登場しています。
後は気になることといえばお返しの相場だと思います。
大体は1/3から1/2の間であればマナー違反にはなりません。
中身も最近では特に決められていません、色々な種類でも大丈夫になっています。
記念品よりは消耗品や食品類が喜ばれるそうです。
出産内祝いについて簡単にこれだけ知っていれば大丈夫だと思います。