ひきだしの隅に眠らせないプチギフト

結婚披露宴や二次会の会場出口でいただくプチギフトって、
かわいい!と思える小物や雑貨が多いですよね。
だけど家に帰って見てみると、
あまり必要のないかなぁというものが多いと思うんです。
特に男性の方に喜ばれるものは少ないのでは?と思います。
そして、かわいいラッピングになんだか開ける気になれず、
そのままひきだしの隅で眠っているプチギフトって
たくさんあるのではないでしょうか。
私自身が結婚披露宴のプチギフトを決める際にも、
わあ!かわいい!と思えるものにはじめは魅かれていました。
でもこれまでいただいてきたプチギフトたちの行方を考えると
皆に使っていただけるものを・・・と思いました。
ひきだしの隅で眠らせない、ゴミ箱へ行かせないプチギフト・・・
消えてなくなるものがいいのでは?
そこで私が選んだのは「飴」です。
スペシャルな食事の後のお口直しとして、
帰り道に手軽に口に放りこめる、というのが決め手でした。
そして実際、披露宴の後、会場出口でプチギフトの飴を
お渡しするとその場で開いて口にする方たちが見え、
「そうそう!これでよかったんだ」と思えました。
まあもちろん飴は食べないという方もいらっしゃるでしょうが。
そんな方でも飴なら「食べないから」と他の方に
譲ってしまってもいいですよね。
小物や雑貨は同じものを2つも3つも要らないので
譲る方も譲りにくいでしょうが、
消えてなくなる飴なら譲りやすいと思います。
ちょっとした感謝の気持ちのプチギフト。
ちょっとしたものでいいけれど、
放置されてしまうものは避けたいところです。