プチギフトはゲストへの感謝の意味を込めて贈る

プチギフトとは、結婚式や2次会などで引き出物とは別に出席者を見送る際に、手渡しで贈られるギフトのことです。
ゲストへのお礼と感謝の意を込めて贈るものですので、そういった意味でももらえれば嬉しいものですよね。
日本では主に結婚式で配られますが、イベントごとに盛んな外国では誕生日などでも贈られているくらい広い意味を持ちます。
今ではプチギフトの内容も様々で、贈るものにも由来があります。
例えば、ドラジェは「幸福・子孫繁栄・豊潤」、スプーンは「幸せをすくい取る」、箸は「幸せの橋渡し」、紅茶は「幸茶」、クッキーにはフルーツなどを加え「繁栄・収穫・豊潤」などを示します。
こういったことから、贈った相手の気持ちを図ることもできますね。
予算は一人数百円ほどですが、定番だったお菓子から、今ではハンカチやインテリア雑貨などと幅広いブチギフトの提供がされています。
季節のイベントに合わせた期間限定プチギフトも用意されていますよ。
感謝の意味ですから、そこに由来がなくても気持ちが篭っていれば素敵なプチギフトとして喜ばれるでしょう。